アクトビーリサイクリング株式会社
お問い合わせ
プライバシーポリシー
リンク一覧
アクセスマップ
見学のお申し込みはコチラ
日本語サイトEnglish Site
 
HOME 事業内容 環境への取り組み 会社概要
環境への取り組み
地域および処理状況
施設の概要
処理のフロー
環境保全の取り組み
環境理念
地域融和
私達の目指すもの
私達の取り組み
 
 
 
地域との関わり合い、ふれあいを、大切にしています。

地域社会への取り組み

クリーン活動
 

毎年、皆で集まり一般道に捨てられているごみを拾う活動を行っています。道路からは見えにくくても、一寸入るとたくさん捨てられており、「なぜ?」と思ってしまいます。「環境モデル都市水俣」がさらに良くなるように活動していきます。

 
ページTOPに戻る
3月の市民駅伝大会
 

毎年3月の第一日曜日に水俣市主催の市民駅伝競走が開催されます。2013年は1チームのみの参加でしたが、昨年より順位を2つ上げ、7位という好成績を収めることが出来ました。選手たちによると来年は更に上を目指すようです。

 
ページTOPに戻る
8月の市民競舟大会
 

"競舟大会"は、夏に水俣川河口で行われている水俣の伝統行事で、アクトビーも毎年参加しています。 選手は試合の1ヶ月ほど前から、仕事が終わった後1時間程度練習します。2012年の大会では、準決勝進出という快挙を果たしました。この勢いで今年こそは決勝進出を目指して頑張ります。

 
ページTOPに戻る
福祉との協働1
 

軽度の障がい者の方々(グループ・エコ)が社会復帰を目指す訓練の場として、使用済み家電から出る基板及びテレビのスピーカー、電源コード等の解体・分別作業場を提供しています。常時、12〜13名の方々が働いています。

ページTOPに戻る
福祉との協働2
 

当社では、家電以外のOA機器等の解体を目的とした作業所の新築をきっかけに、新しく障がい者の方々の作業ラインを設置しました。
「わくワークみなまた」と「水俣福祉作業所」という知的障害者の授産施設からこちらも訓練の場として各々6〜7名と指導員1名が毎日交代で出勤され、現在パソコンの解体をお願いしています。解体した後の分別数も多く慣れるまでは大変かと思いますが、皆さん意欲をもって取り組んでおられます。

ページTOPに戻る
福祉との協働3
 

また、当社は胎児性・小児性水俣病患者や障がいを持つ方々の働く場である「ほっとはうす」と共同でブラウン管ガラスを加工して商品開発を行っています。 新しい作業所の中に専用の作業場も設けましたので、当社内でほっとはうすの方々と共同で作業を行うことが出来るようになりました。 作業内容は転写シート(焼き付け用のシール)や磁石の貼り付け、包装などです。

 
ページTOPに戻る
 
   
家電リサイクルを通して地球環境の保全に貢献、資源循環型社会を目指しております。
Copyright Act-B recycling co.,Ltd All Rights Reserved.